当院で分離症の治療を受けられた患者さんの体験談

◆当院で分離症の治療を受けられた患者さんのアンケートです。

氏名( O Mさん ) 年齢( 40歳 ) 所在地( 神奈川県 )
病名( 分離症 ) 初診日(H28年 6月10日 )
※H28年7月8日現在5回治療後のアンケートです。

問1.当院にかかる前、どんな悩み・問題を抱えていましたか?
〔答え〕左足が痺れる、左のすねが痛んで歩くのが辛い
問2.今まで、何処で、どのような治療を受けられましたか?
〔答え〕整形外科での薬
問3.当院の治療の良さは何ですか?
〔答え〕先生がアットホームである。
問4.どの様な症状が改善されましたか?それは何割ほど改善していますか?
〔答え〕左脚の痛みが8割ほど改善しました。
問5.同じ病気で悩んでいる当院の患者さんへ、励ましの言葉をお願い致します。
〔答え〕今回もそうですが、以前もギックリ腰で立てなくなったのですが、
当院の治療を受けたところ、嘘のように立てるようになったので、
悩んでいれば当院の治療をお勧めします。

脊椎分離・辷り症(すべり症)とは

『脊椎分離・辷り症』

発育期~青年期における激しいスポーツや、生まれつきにより脊椎の関節突起が離れている状態を脊椎分離症という。分離症が原因で、あるいは高齢になって腰椎周辺の靭帯がゆるんで脊椎推体が前後方向に移動するのを脊髄辷り症という。

●原因として

生まれつき(性別、人種により異なる)や激しいスポーツ(外傷性脊椎分離症)により瞬時に、また疲労骨折により脊椎分離症が生じる。脊椎分離症が原因(脊椎分離辷り症)で、また中年以降の加齢に伴う靭帯のゆるみ(無分離辷り症)などにより脊椎辷り症が生じる。

●症状として

腰痛、特に後屈で痛む。神経根や脊髄の圧迫により根性の疼痛や下肢にしびれをみることがある。

●自分で注意すること

症状の強い時は安静、コルセット、腰に負担をかけない動作・作業、姿勢。症状が軽くなれば腰背筋や腹筋を強くする体操。

 

<監修■東京都リハビリテーション病院 院長 林 泰史 >より抜粋

通院ガイド(初診時の準備/診療料金/交通案内)

診療の予約

当院は予約制をとっております。治療の予約はご都合に合わせて次の3つ予約が可能です。
★効果を早めに出すためには早期回復3日・6日コースをお勧めします。

インターネットで
予約
毎日24時間受付可能です。
こちらからどうぞ。
お電話での予約
048-263-7500
平日=午前9:00~13:00/
午後15:00~19:00
土曜=午前9:00~13:00/
午後15:00~18:00
木曜午後・日曜・祝日は休診日です。
窓口で予約
来院時に受付にて お申し出ください。

★初診時に準備するもの

  • ●レントゲン (お持ちであれば、参考に拝見しますので、お持ち下さい)
  • ●MRI (お持ちであれば、参考に拝見しますので、お持ち下さい)
  • ●コルセット (現在お使いのものがあればお持ち下さい。)
  • ●保険証(レントゲン撮影の際、必要になります。

  ※正確な判断をするために初回日は出来るだけ薬や痛み止め等は、服用せずにご来院下さい。詳しくは電話で問い合わせ下さい。


診療料金

初めての患者さんへ

椎間板ヘルニア・逆流性食道炎・顎関節症・ぎっくり腰・慢性疾患・内科的疾患等の カイロプラクティックの施術は、全額自由診療(自費治療)となります。

  • 1つの疾患に対する『料金』は初回14,040円となります。
  • 2回目以降7,560円となります。
  • 2つの疾患を同時に施術する場合、別に1,080円の加算となります。

遠方の方へ

※当院の治療法は、高度な技術を必要とする独自の治療法です。まだ伝授者がいない為、他院を紹介する事が出来ません。恐れ入りますが遠方でも御来院下さい。遠方から来られる方には、手ごろな宿泊所をご紹介します。

交通案内・駐車場

住所:埼玉県川口市南前川2-11-17 電話:048-263-7500

※カーナビをご使用の際は住所でご指定ください。電話番号では間違える可能性があります。